FC2ブログ
雨の後のお手入れ方法!
2013 / 10 / 06 ( Sun )

雨の中、頑張ってくれた愛車をピカピカに!


 NPO法人「輪プロジェクトみやざき」初めての対外事業「ツール・ド・銀鏡2013」に
ご参加頂いた皆様へ・・・。
 時より雨の降るコンディションとなりましたが、秋本番の米良街道を走って頂きました
皆様、そして今回エントリーを頂きながら諸事情によりご参加いただけなかった皆様
本当にありがとうございました。
 ご参加いただけなかった皆様には後日参加賞等を発送させて頂きます。

 さて、銀鏡神社にて参加者の方より「雨の後のお手入れ」についてご質問を頂きました。
下記の通りお手入れについてご説明を・・・。
                     記
お手入れ1
 愛車にホースの水を「ジャブ、ジャブ」かけて洗うのは、必要なグリス(ベアリング等に部分に
塗ってある油分で一度流出すと分解しないと塗り直しが困難)を流したりするので
あまりお勧め出来ません。
 上記画像のように、潤滑剤(私は「ラスペネ」を使用)もしくは汚れが激しい場合は
ディグリーザー(私は「BC-9」を使用)を柔らかい布に塗って優しく車体をふきます。

 お手入れ3
 フレームの内部に雨水が侵入している場合があります。シートポストを抜いて車体を
しばらく逆さまにして、水分を抜きます。(その時にサドルの高さが再装着の時に変わらないように
テープなどで印を付けましょう)
 当店で行っています「オーバーホール(メンテナンス料金18,900円)」の時に「ボトムブラケット」
を外した時に水分がフレームから流れ出すこともありますので、フレームの水抜きが重要です。

 お手入れ4
 また、非常に重要な作業がブレーキ・シフトワイヤーへの注油です。「ブレーキの引きが重い」
「変速操作をしても、チェーンがガタガタいって、上手く入らない」そんな時の原因の殆どが
ワイヤー内部に雨水などが侵入しての「滑り」の悪さです。
 しかし、注油するにも潤滑剤が浸透しません。そこで上記画像の通りシートポストを抜いて
逆さまにした状態にて、アウターワイヤーからインナーワイヤーが出ている部分に注油して
しばらく置きます。

 お手入れ2

 最後は、ポリッシュで丁寧に吹き上げて終了です!秋の銀鏡での楽しい思い出皆さん
ありがとうございました!
 
関連記事
スポンサーサイト
関連するタグ イベント情報

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

21 : 00 : 00 | 商品情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<イタリアの名門「ビアンキ」の入荷状況! | ホーム | ツール・ド・銀鏡(しろみ)!無事終了!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://okuguchi.blog.fc2.com/tb.php/272-db173d3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |