大連自転車事情!
2016 / 01 / 30 ( Sat )

スポーツ自転車が伸びています!


 昨年の10月以来、三度目の大連です。
今回は、40年来の大雪の影響で急遽
出発を福岡より関西空港に変更しました。
(この変更が初めてLCCを経験出来て
良かったです)
 関西空港から約2時間半で降り立った
気温マイナス6度の大連は、想像していました
銀世界ではありませんでした。
大連1
 大連は、この時期殆ど雨が降らず
雪は少ないそうですが、路面の色々な
所が凍結して、自転車に乗るには
注意が必要です。
大連8
 自転車大国中国のイメージですが
大連の中心部は、交通量が多く
安全の為に自転車の走行が規制され
自転車に乗っていると罰金200元(約4,000円)と
最悪自転車の没収されることが
有るそうです。また、多くの自動車が行き交う
道路を横断するのも気合が入ります。
大連13
 今回の目的は、このような「生の声」を
頂きに、日系企業等に勤める自転車愛好者の
皆さんとの情報交換会です。(合計8名の方とお話が
出来ました)
 今回のセッティングは、同郷西都市出身の
本部大連領事です。本当に感謝です。
 一日目の情報交換会は、中心部より
タクシーで約30分の多くの日系企業が
進出している開発区で開催しました。
 食事の場所は、オーナーシェフが
宮崎出身の「愛妻家」さんです。
 大連6
 宮崎名物「チキン南蛮」が、本場の味と
変わらず、そして宮崎の飲み物も揃っています。
 こちらの情報交換会では、主にマウンテンバイクの
愛好者の皆さんでした。
 何に困っているかと尋ねましたら
「メンテナンスと部品の調達」の一言でした。
 大連3
 急速に発展した開発区では、
台北で見たような「コミュニティサイクル」が設置されて
いました。
大連5
 大連4
 市内の数か所にステーションが設置されて
カードにて貸し出しが行われています。
大連7
 また、自転車専用道も整備が進み交通渋滞緩和や
空気の浄化にも自転車の活用が期待されています。 

 大連2
 翌日は、市内に移動です。
 最盛期には約20万人の日本人が
住んでいたと言われる大連は懐かしい
匂いがします。
大連12
 また、市内でよく見かけるのが
電気自転車です。運転免許は要らず、
無音で後ろから近付いてきますので
注意が必要です。
 開発区と違ってデパートなどが
立ち並ぶ市内には、約1週間後に
迫った春節ムード一色です。
 中国は、日本のようにお正月を
あまり盛大に祝わずに元旦の日を一日
休むだけですが、春節の1週間は
すべてのモノが殆どストップして
祝うそうです。
大連11
 「春節が終わったら本当の春が大連に
くるんだよな~」という今回のお世話になった
金丸コンサルタントの言葉が印象的でした。
 大連10
 市内では、トレックショップに
お邪魔しました。スタッフのソウ君は
日本に住んだ事もあり、日本語にて
説明してくれました。
 「ロードバイクが伸びている」
 店内には「マドン9」等も展示されて
販売価格も日本とほぼ同じですが
「シマノ」部品は約1.5倍くらいの
価格が付いていました。
 店内には、自転車イベント様子の写真が
沢山貼ってあり、ショップ主催の
イベントに参加しているロード愛好者の
皆さんと夜に情報交換会を
開催しました。
 中心部は、前述のように
自転車を楽しむには規制が有りますが
郊外に置くと風光明媚な景色が
広がりロングライドを仲間で楽しんで
いるようです。
大連15
 「次回、お越しの際には是非、ご自分の
自転車を持ってきてください」をお誘いの言葉を
頂きました。
また「Wi-Fi」環境の充実の
有難さも痛感しました。
前回来た時には、色々な
場所で無意識に通信
していたら、帰国して
約1万円余りの別途海外での
通信料の請求が
届きました。
今回は、注意して
情報を取得を心掛け
ました。
宮崎でもこれから
益々、「Wi-Fi」環境充実し
タイムリーな情報発信を
していくと多くの皆さんに
喜んで頂けますね。
大連16
 今回の出張にて「世界的に愛されている」
自転車の魅力を再認識し、日本に研修生などで
きて自転車を生活の足として愛用している
中国人の皆さんと交通安全教室等を開催して
親交を深めるのも素晴らしいと春節のイルミネーションで
飾られた中心部を歩きながら強く思いました。
 大連14



関連記事
スポンサーサイト
関連するタグ

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

07 : 44 : 07 | 店長放浪記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<完売モデル!「当店には有ります!」 | ホーム | 最新2016年モデルをお安く!その①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://okuguchi.blog.fc2.com/tb.php/483-3a77c2da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |